便利でおすすめのロールスクリーン活用術

場所をとらずにすっきりと収納できるのが魅力のロールスクリーンは、カーテンのように横にスライドさせて開閉する方法ではなく、上下に開閉するのが特徴です。カーテンを取り付けるのが難しい縦長の細い窓やごく小さな窓などにも設置できて、陽射しの調整や目隠しの役割を担うことができます。窓辺から差し込む光の量を調整し、時には外からの視線を遮る役割も担うことに加え、窓辺での利用以外にもさまざまな場所で便利に活用できるのが魅力です。開けたり閉めたりするのが簡単にできる操作性の良さと、使わないときに場所をとらずに収納できるというスクリーンの持つメリットを最大限に活用すれば、もっと便利に快適な生活を送るために、家の中の様々な場所での活用法を見出すことができます。

オープンラックを使った収納の目隠しに

収納するために扉の付いた大きな収納家具を置くのはちょっと圧迫感もあるし面倒だと感じる時、オープンラックを活用してリビングなど家族が集まる場所をスッキリと片付けるという方法があります。扉がない分使い勝手がよく取り出しや片付けも簡単にできるのがオープンラックの最大のメリットですが、リビングなどで活用する場合、来客があった時などはできれば収納の内容が見えないようにしたいと感じる時があります。そんな時に是非活用したいのがロールスクリーンです。オープンラックの前面を覆うような形で設置しておけば、普段は開けたままの状態だとしても、目隠しをしたいと感じる時にさっと引き出すだけで収納の中身を隠すことができます。しかもスクリーンを下しても場所をとらず部屋に圧迫感を与ええることもありません。

扉を設置したくない場所の仕切りに

部屋と部屋の間には通常はドアなどの建具を使って出入りするようになりますが、それほど大きくないスペースだったり、たとえば階段の入り口やウォークインクローゼットの入り口などには場所柄なかなか扉を設置できない場合もあります。そんな時にロールスクリーンなら必要に応じて入り口をドアのように覆うことができるし、開閉にドアのように場所をとることがないので、どんな狭い場所でも設置が可能です。階段の入り口をスクリーンで緩やかに覆うことで、冷暖房の効率がアップするなど、目隠しとしてだけでなく緩やかな仕切りを作ることで空気の流れを軽く遮断することができるので便利です。もちろんドアなどとは異なり気密性という点では大きく劣りますが、どんなところにも比較的簡単に設置できるのが最大の魅力です。