ロールスクリーンのメリットやデメリット

カーテンとはまた違う趣が感じられるロールスクリーンですが、最近人気を集めています。ブラインドのような使い方もできますが、ブラインドとの違いは、布でできている点です。そのため、見た目に温かみを感じることができます。
設置しているだけで、カフェのようなおしゃれな空間になりますし、カーテンよりもすっきりしたラインなので、お部屋の雰囲気を壊しません。都会的な感じが人気の秘密とも言えますが、設置する際には気を付けた方が良いこと、また選び方にはポイントもあります。
どんなメリットやデメリットがあるのかを知っておくと、選ぶ時にも迷いません。カーテンやブラインドと比べてどのような特徴があるのか、また使用する際の注意点など、購入する前に知っておくと良い点をまとめていきます。

ロールスクリーンのメリットとは

メリットとしては、生地の選択肢が多いので、和室からリビング、子供部屋まで、部屋の種類を問わずに設置することができます。和室でも洋室でも対応できるキャパシティの広さが魅力です。
ブラインドと違って生地でできていますので、見た目に温かみが感じられます。また、上げ下ろしがブラインドに比べてとても簡単なのも特徴です。閉めた時にもラインがすっきりしているので、部屋の印象を圧迫しません。
窓だけでなく、部屋の間仕切りにも使用することができます。必要な時は占めて、それ以外の時は上げるなど、臨機応変に対応できるので、お客様を呼んだ時などに部屋をさっとイメージチェンジすることが可能です。生地でできているので、カーテンなどとのコーディネートもしやすく、部屋に統一感を出しやすいです。

ロールスクリーンのデメリットとは

ブラインドと違って、閉めたままで調光することができません。また、生地は外して洗濯することができますが、少し面倒です。
閉めたままで窓を開けると、ばたばたと動いて少しうるさいです。そのため、開け閉めの多い窓に設置するのはあまりおすすめとは言えません。
設置するのにおすすめの窓は、縦長で幅の狭い窓です。元々、こうした窓は調光を目的に造られているため、外からの光を遮ったり、外から中が見えないようにするためにさっと閉めたりできるものが望ましいです。
開け閉めが簡単に行えるので、狭い窓に設置するのに適しています。また、幅の広い大きい窓の場合、巻きずれが生じやすくなってしまい、そのまま使っていると、端の方の生地がボロボロになってしまいます。そのため、幅の狭い窓に設置するのがおすすめと言えます。