便利で使い勝手の良いロールスクリーンの活用法

窓辺に日差しの調整のために設置するものというと、多くの場合カーテンやブラインドなどを想像しますが、スクリーンを使った窓辺の演出もカーテンやブラインドとは異なる多くのメリットがあります。まずカーテンよりもコンパクトで操作性がよく、作りがシンプルなのが最大の特徴であり魅力です。開閉に場所をとらずに開けても締めてもすっきりとした状態にしておくことができ、フラットな形状から、個性的なデザインのスクリーンを選べば絵画のように部屋の魅力的なアクセントとして活用することもできます。開閉方式はひもを引くことで自動的に開閉するタイプと、チェーンを操作して開閉するタイプがありますが、設置する場所の特徴に合わせて適したものを選ぶことで、より使い勝手の良い窓辺にすることができます。

サイズの小さな窓への取り付けにも最適

カーテンを取り付けるには適さないサイズの小さな窓や、最近多くの住宅で取り入れる人が増えている細長いサイズのスリット窓などは、スクリーンを設置することで日差しの調整しやすくなります。カーテンのように左右に開閉するタイプだとこのような特殊なサイズの窓には取り付けが難しくなりますが、上下に動かして開閉するロールスクリーンならその特徴をうまく活用して利用することができます。サイズも豊富でどんな窓にも対応可能で、取り付け自体も後から簡単にできる為、家を建ててから追加で設置するのも大掛かりな工事は必要なく比較的短時間で取り付けることができます。色や素材のバリエーションも豊富で、たとえば小さな窓辺にあえてビビッドな色のスクリーンを選べば部屋のアクセントにもできます。

窓だけじゃないロールスクリーンのおすすめ活用法

窓辺の遮光や調光のために設置する以外にも、ロールスクリーンはその操作性の良さとコンパクトさを活用して間仕切りや目隠しとして利用する時にもとても適しています。部屋の一部を一時的に仕切って使いたい時に、大掛かりな壁を設置しなくてもスクリーンを上げ下げすることで緩やかに部屋を仕切ることができます。また、たとえばオープンラックなどを日常的な収納に活用している場合、来客があった時などはできれば収納が丸見えにならないようにしたいものです。そんな時にもスクリーンなら必要な時だけさっと引き出すだけで目隠しとしての機能に活用することができます。必要な時に出して活用し、必要がないときにはコンパクトにしまっておける使い勝手の良さは、窓辺に限らず様々なシーンで活躍します。